トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
マインドフルネス・瞑想

瞑想におけるラベリングとは?

ラベリングとはラベルを貼っていくのと同じ要領で、自分の心や体で感じた感覚を言語化することをいいます。
歩行瞑想やヴィパッサナー瞑想をするのに、ラベリングを取り入れることもいいかもしれません。

ラベリングとは

ラベリングは自分の体で感じた感覚を言語化することをいいます。

ラベルを貼るのと同じ要領で、心の動きや体が感じた感覚を言語化します。

例えば、歩行瞑想で右足が動いたら「右」とラベリングし、左足が動いたら「左」とラベリングします。

他にも考え事が頭に浮かんだら「雑念」や「妄想」とラベリングをします。

このように現在起こっている現象を言語化することで、マインドフルネス「現在起こっていることに注意を向ける」な状態を目指します。

浮かんできた思考を言語化することで、より自分の気持ちを観察でき集中力を高めることができます。

瞑想での使い方

歩行瞑想では足の動きや足裏の感覚に注意を向けますが、呼吸瞑想を行う時に、おなかの動きに注目しラベリングするという使い方もできると思います。

息を吸うときはおなかが膨らみ、逆に息を吐くときはおなかは縮みますよね。

この場合、息を吸うときは「膨らみ」。
息を吐くときは「縮み」とラベリングをします。

まとめ

瞑想を始めたころは自分を上手く客観視できず、思考に飲み込まれがちです。

ラベリングを行うことで、自分の心の動きや体の変化を客観的に見れるようにトレーニングしましょう。

f:id:toki1944:20190322145827j:plain

私も歩行瞑想を行うときはラベリングを用いています。

【実践】歩行瞑想のやり方

参考文献

・『ブッダの瞑想法-ヴィパッサナー瞑想の理論と実践』 

著者 池橋秀雄(2006)
発行所 株式会社 春秋社