トキの日記
主にパソコンや家電製品について紹介していきたいと思います。
Apple

Apple Watchのメリット・デメリット【どのような人におすすめ?】


Apple Watchを使い始めて3か月ほど経ちました。

日常生活で使っていると便利だなっと感じる一方、ここはイマイチだなと思うところも見えてきました。

今回はApple Wacthのメリット・デメリットについて紹介します。

Apple Watchを買うか迷っている方の参考になれば幸いです。

メリット

拡張性が高い

Apple Watchはアプリをインストールすることで、より便利に使うことができます。

アプリをインストールすることで電車や天気を調べたり、録音機能やボイスメモなど多くの機能を使えるようになります。

日常生活や仕事、スポーツまであらゆる場面でApple Watchは役に立ちます。

バンドの種類が豊富

Apple Watchは基本のスポーツバンドやスポーツループ以外にも金属やステンレス素材のものなど、純正、サードパーティを含めバンドの種類が豊富にあります。

スポーツだけでなくビジネスシーンでも使えそうなタイプが多く見つかるので、さまざまな場面でApple Watchを使うことができます。

また、気分によってバンドを変えるといった楽しみ方もできます。

デメリット

充電が必要

Apple Watchは最大18時間しかバッテリーが持たないので、こまめに充電する必要があります。

慣れてしまえば平気ですが、若干面倒なところでもあります。

スマートウォッチの中には1週間くらいバッテリーが持つものもあるので、バッテリー持ちが気になる方には、Apple Watchはあまりお勧めできません。

価格が高い

また、Apple Watchはほかのスマートウォッチと比べて、かなり高めなところもデメリットになると思います。

そのため、Apple Watchを購入する必要があるか気にする人が多いと思います。

3ヶ月使ってみて…

Apple Watchを3ヶ月ほど使ってきましたが、「あってもなくてもどっちでもいい」ような印象になりました。

Apple Watchを身に着けていれば、スマホを取り出さなくてもタイマーやアプリ、時間の確認をすることができるので結構便利です。

ただ、Apple Watchを身に着けていなくても困ることは特にありません。

そのため、必ずあったほうが良いというガジェットではないですね。

まとめ

もちろん多くの機能を使えたり、拡張性が高かったりするので、Apple Watchは便利なグッズには変わりないです。

余裕がある方は、ぜひ試してください。

最後まで見ていただきありがとうございました。