トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
ライフスタイル・健康

照明を使って集中力を高める方法


勉強や仕事の集中力を高めるのにおすすめの方法が、「照明」を使うことです。

照明をうまく使うことで注意が1点に向かい、集中力を高めることができます。

特に色を変えられる機能が搭載されているタイプなら、集中している時間と休憩している時間で照明の色を変えることによってメリハリがつくようになります。

最後におすすめの照明も紹介しているので、ぜひ見てください。

照明を使って集中力を高める方法

手元だけを照らす

集中して作業するときは部屋全体の照明を暗くして、手元だけを照らすと集中力が高まります。

部屋全体を暗めにすることでデスク回りの明るさが目立つようになり、一点に注意を向けやすくなります。

白色の光を使う

集中する際には、「昼白色」や「昼光色」のような白系の光を使うと集中力を高めやすいです。

白系の光が適度に刺激になり、目が冴えるので眠気対策にもなります。

休憩の時は照明の色を変える

集中力を高めるには、しっかりとリラックスすることが大切です。

そのため、集中している時とは違う照明の色を使って過ごしましょう

一点に向けていた注意をうまく分散することが、リラックスすることのコツです。

照明を電球色のようなオレンジ系の色が、落ち着きやすくおすすめです。

おすすめの照明

集中力を高めるのに「調光・調色機能の機能が搭載されている照明を選ぶのがポイントです。

調光・調色機能が搭載されている製品はたくさんありますが、「スマート電球」というスマートフォンやスマートスピーカーから操作できる電球がおすすめです。

スマート電球は時間帯によって電球をつけたり消したり、明るさや色を変えられるので、集中したい時間は白色系の電球で過ごし、休憩の時間はオレンジ系の色に変えるといったように設定することができます。

スマート電球は生活リズムを作るのにピッタリの商品です。

Philips:Hue ホワイトグラデーション

スマート電球の中で代表的なものが、Philipsの「Hue(ヒュー)」というスマート電球です。

Hueには「ホワイトグラデーション」という白色や電球色に変えられるものや、1,600万色以上のバリエーションがある「v3」、テープ型の「ライトリボン」といった、多くの機能や形状の商品があります。

たくさんの色を試すのも面白いかもしれませんが、「ホワイトグラデーション」でも集中したり、リラックスするのに十分な機能が備わっています。

最初は「ホワイトグラデーション」を使ってみて、もっと色のバリエーションが欲しくなったら「v3」などを使うことがおすすめです。

【意外と便利!】Hueをスマートスピーカーと連携させてみたHueに限らず、スマート電球はスマートスピーカーと連携させるとかなり便利に使えます。 わざわざスマートスピーカーを導入するのはお金...

*Hueを使うには、ブリッジか「Echo Plus」など「スマートホームハブ機能」が搭載されているスマートスピーカーが必要です。

TP-Link:Kasa KL130

Hueでは設置するのにブリッジ等が必要ですが、TP-Linkの「Kasa KL130」はブリッジ不要で設定できます。

デスクライトに使うだけなら、「KL130」のほうが手間も少ないのでおすすめです。

個人的に、電球を操作するアプリもTP-Linkのほうが使いやすく感じています。

 

まとめ

集中力を高める照明の使い方

  • 手元だけを照らす
  • 白色の光を使う
  • 休憩の時は照明の色を変える

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

他の集中力を高める方法についても、ぜひ見てください。