トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
お金・暮らし

クレジットカードの使いすぎを防止する4つの方法

普段の生活でクレジットカードを使っていると、現金を持ち歩く必要がなくなったり、ポイントがたまってお得に買い物ができるなどさまざまなメリットがあります。

しかし、どれくらい使ったか把握できなくなってしまい、ついつい使いすぎてしまう可能性もあります。

クレジットカードの使いすぎを防止するために、4つの方法を紹介します。

クレジットカードの使いすぎを防止する方法

家計簿をつける

普段の支払いでクレジットカードを使っているなら、家計簿アプリと連携して家計簿をつけてみましょう。

家計簿をつけることで、どの項目でクレジットカードを使いすぎているか分かりやすくなります。

家計簿が続かない!続けるコツとおすすめの方法家計簿をつけると、支出や収入をしっかりと把握することができます。 しかし、実際に家計簿をつけ始めてみても面倒くさくなってしまし、結...

家計簿が面倒という方なら、ご利用明細をチェックするのもいい方法です。

とにかく、自分がどれくらい使っているかを把握しておくと対策がしやすいです。

あらかじめ使う分だけ電子マネーにチャージしておく

今月はいくらまで使うとあらかじめ決めといて、Edyやsuicaなどの電子マネーにチャージしておくのも1つの手です。

買い物のたびにクレジットカードを使っていると、いつの間にか使いすぎている可能性もあります。

使う分だけチャージをしておけば、あといくら使えるか把握しやすくおすすめです。

クレジットカードを持たない

クレジットカードを使うと支払いが楽なので、手元に置いておくと、つい使ってしまう原因にもなります。

そこで、クレジットカードを財布から取り出してしましょう。

また、Apple Payやおサイフケータイなどスマホ決済を使っている場合も、クレジットカードの情報を消してしまいましょう。

デビットカードやプリペイドカードを使う

どうしてもクレジットカードを使いすぎてしまいがちな方は、デビットカードやプリペイドカードに切り替えてみましょう。

デビットカードは銀行口座からすぐに引き落とされます。
プリペイドカードはあらかじめ残高をチャージしておく必要があります。

ポイントなど特典の面ではクレジットカードに劣りがちですが、無駄遣いしてしまう方がもっとあぶないので、一旦クレジットカードから離れてみるのもいいかもしれません。

まとめ

クレジットカードの使いすぎを防止する4つの方法について紹介しました。

少しでも役に立てれば幸いです。