トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
お金・暮らし

家計簿をつけてもあまり貯金が出来なかった


こんにちは、トキです。

家計簿をつけると貯金が出来るようになるのか1年くらい試してみたところ、たいして貯金は増えませんでした。

もちろん家計簿をつけるのは、自分がどのようなことに出費しているのか可視化できるので無駄ということはないですが、貯金をするといった目的を達成するには別の方法を使う必要があるのだと感じました。

そこで家計簿をつけても貯金ができなかった原因と、どういう対策をすればいいか考えてみました。

家計簿をつけてもあまり貯金が出来なかった

まずは家計簿を1年ほどつけてみて、良かったことについて解説します。

どこで出費しているか把握できる

貯金のコツは、支出に占める割合が大きいものや削減しても大丈夫なものを削るということがポイントだということを知りました。

家計簿をつけていると、自分がどのようなことで出費しているのかがはっきりとわかるようになります。

自分がどのようなことに多く出費しているのかをしっかりと把握するのに、家計簿は役に立ちました。

貯金できなかった原因

貯金できなかった原因はことや「不要なものを判断できなかった」ことなんじゃないかと思いました。

家計簿をつけることで自分の出費について把握できるようになりましたが、「これは要るのか、要らないのか」という判断については疎かにしたため、無駄遣いが増えてしまったのではないかと考えています。

あとは今月はいくらまで使えるといったお小遣いのような考え方も、「今月はまだ無駄遣いできるといった」ような誘惑もでてくるので、あまり良くないのではと感じました。

余ったお金を使わなければ、その分貯金に回せるので。

今後の対策

家計簿をつけたことによって大きな支出を把握することができたので、まずはその割合を減らすことがいいのではないかと思いました。

また、「今月はいくらまで使える」といった考え方をやめたり、自分にとって必要なものの判断をしっかりと決めておくことが大切だと思いました。

まとめ

家計簿をつけてもあまり貯金が出来なかったことについて紹介しました。

今後の対策が有効かどうかまだ分かりませんが、辛抱強く試していきたいと思います。