トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
レビュー

【iPad mini 5 レビュー】良かったところや悪かったところ

iPad mini 5

先日、iPad mini 5(第5世代)を購入しました。

7.9インチと小さいサイズのiPadを使ってみたのですが。とても軽くコンパクトなので持ち運ぶのに最適な大きさだと感じました。

また、最新のチップも搭載しているので動作も早くてかなり満足しています。

一方で、ここがイマイチだったと思ったところもあるので、人によっては合わない場合もあるでしょう。

では、iPad mini 5の良かったところと悪かったところについて紹介していきます。

iPad mini 5 レビュー

良かったところ①:軽くて持ち運びやすい

iPad miniはサイズが7.9インチと、iPadシリーズの中でサイズが最も小さく軽いです。

小さめのショルダーバックにも入るので、持ち運ぶのに最適なサイズだと感じました。

今まで、iPad Air 2やiPad Pro(第1世代)など9.7インチサイズのiPadを使っていた時期があったのですが、若干大きいため持ち運ぶのが億劫な時がありました。

iPad miniなら持ち運ぶのにちょうどいいサイズなので、外でタブレットを使う人にはおすすめです。

良かったところ②:申し分のない性能

iPad miniはA12 BionicとiPhone XSやiPhone XRと同じチップを搭載しているので、普段使いには申し分のない性能です。

iPad miniはKindleで読書をしたり、映画や動画を見るといった使い方をしているのですが、全く問題ありません。
むしろ性能を持て余してしまっているかも。

A12 Bionicと、やや新しいチップを搭載しているので、ゲームをする方にもおすすめです。

悪かったところ①:Face IDではないところ

iPad miniの生態認証はTouch ID(指紋認証)に対応しています。

個人的にFace ID(顔認証)のほうが使いやすく感じているので、将来Face IDに対応したiPad miniが発売されたらいいなぁと思っています。

悪かったところ②:4スピーカーでない

iPad miniは2スピーカーなので、臨場感に欠けます。

そのため、映画を見るときはイヤホンやBluetoothスピーカーを使っているのですが、家で使うときはあまりイヤホンやヘッドフォンなど使いたくないんですよね。

今まで4つのスピーカーを搭載していたiPad Proを使っていたこともあるので、少し残念なところでもありました。

まとめ

iPad mini 5の良かったところと悪かったところについて紹介しました。

6.1インチのiPhone XRを使用しているため、小さいサイズのiPad miniはあまり合わないのかもしれないと懸念もしていましたが、むしろちょうどいいサイズでした。

一番の魅力はコンパクトなサイズと軽さで、どこにでも持ち運びやすいデバイスです。