トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
読書

Kindleを使うメリット・デメリット【どんな人におすすめ?】


電子書籍リーダーの1つ、Amazonの「Kindle」は読書好きにはピッタリの商品です。

Kindle1つで多くの本を持ち運べるなど、機能面で多くのメリットがあります。
一方、使い方しだいでは紙の本のほうが優れていることもあるので、人によっては向いていないことも。

電子書籍リーダー「Kindle」のメリット・デメリット、また、どのような人にKindleがおすすめなのか紹介します。

Kindleを使うメリット・デメリット

この記事の内容

  • Kindleのメリット・デメリットについて
  • Kindleを使うのに向いている人について

メリット

目に優しいので長時間読める

電子書籍はスマホでも読むことはできますが、液晶ディスプレイなので目が疲れやすいです。

そのため、電子書籍で長時間読書をする場合は、スマホだとあまり向いていません。

しかし、Kindleは目に優しいディスプレイを使っているので、電子書籍でも長時間の読書をしても、目の疲れを感じることがほとんど無くなります。

誘惑がなく集中して読書ができる

スマホの場合、LINEやメールなどSNSや動画などさまざまな誘惑があるので、集中して読書をするのには邪魔な機能が多いです。

しかし、Kindleは本を読むためのデバイスなので余計な機能がありません。

スマホに邪魔されず集中的に電子書籍で読書をしたい時に、Kindleはピッタリの端末です。

辞書やメモなど機能面が充実している

本を読んでいる時に分からない文字があったら、調べてくれる辞書機能や気になる点や後で見直したい箇所をメモしておく機能があります。

また、途中で本を閉じてもどこまで読んだかを記録してくれるなど機能面で充実しています。

デメリット

若干モッサリしている

スマホやタブレットではサクサクと使うこと出来ますが、Kindleの場合だとたまにモッサリと動きが遅い時があります。

小説やビジネス本では大丈夫ですが、図解が多い本や文字入力をする時に若干遅く感じることがストレスになるかもしれません。

ジャンルによっては紙のほうが優れている

電子書籍だと一気にページを飛ばしたり、図をよく見るのにはあまり向いていません。

ジャンルによっては紙の本が優れているため、すべての本を電子書籍で使うということは難しいでしょう。

紙と電子書籍をうまく使い分けるには? 電子書籍のほうが紙の本よりも安く変えるし、持ち運びも便利なのでできるだけ電子書籍で購入していました。 しか...

どんな人にオススメ?

電子書籍リーダー「Kindle」のメリット・デメリットについて紹介しました。

それらを踏まえると、

  1. 主に電子書籍で、本を長時間読む
  2. 誘惑に負けないで、集中して本を読みたい
  3. マーカー機能など、本にメモや印をつけたい

などに当てはまる人にKindleは向いています。

まとめ

Kindleは本を読むことに特化した端末なので、読書をするのに最適です。「

また、Kindleには防水機能が搭載されたモデルも販売されており、お風呂でも読書を楽しむ事ができます。

気になったら、一度試してみてはいかがでしょうか。

Kindleのメリット

  • 目に優しい
  • 読書だけに集中できる
  • 機能が多い

Kindleのデメリット

  • 若干モッサリ感がある
  • ジャンルによっては紙の本が良い

Kindleに向いている人

  • 主に電子書籍で、本を長時間読む
  • 誘惑に負けないで、集中して本を読みたい
  • マーカー機能など、本にメモや印をつけたい