トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
ライフスタイル・健康

朝食を食べないことのメリット・デメリット

どうも、トキです。

朝食を抜いてみたところ、朝ゆっくり眠れるなどのメリットがありました。

しかし、朝食抜きの生活に慣れるまでが大変です。

今回朝食を食べないことのメリット・デメリットについて紹介します。

では、見ていきましょう。

メリット

ゆっくり眠れる

普段朝食を食べている時間を睡眠に充てられるので、いままでよりも20~30分多く眠ることができます。

自分は朝食を食べることより、もっと眠れることのほうがメリットがあると感じました。

実際に朝食抜きの生活をしたところ、今までより30分多く睡眠時間を摂れるようになりました。

ぐっすり眠れた日が多くなり、日中でも活発に活動することができます。

f:id:toki1944:20190531221603j:plain

時間が使える

私は朝ご飯の時間を睡眠時間に使いましたが、もちろん勉強などほかのことにも使うことができます。

30分も時間があれば読書をしたり、あるいはランニングなど運動にも使うことができますね。

デメリット

慣れるまでおなかが空く

朝食抜きの生活に慣れるまでは、おなかが空いた感覚が一番の敵です

そのため、ついついコンビニなどでお菓子や食べ物の誘惑に負けそうな時も出てくると思います。

ダイエットのために朝食を抜いても、その分余計に食べてしまう可能性もありますよね。

対策としてはバナナやブルーベリーなど果物を食べることがオススメです。

同じく物を食べるとしても、お菓子よりはマシかと。

f:id:toki1944:20190606213037p:plain

栄養状態

朝食を抜いてから時間がたっていないのでまだ分かりませんが、栄養状態は一番気になるところです。

朝食を抜いてから、一応栄養バランスのことは気を付けています。

今のところ特に問題はないですが…

まとめ

今回は「朝食を食べないことのメリット・デメリット」について紹介しました。

朝食を食べないことで、その分時間が有効に使えるようになりました。

しかし、おなかが空きやすくなったり、栄養バランスのことについてはこれからも気を付けていきたいです。

最後まで見ていただきありがとうございました。