トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
お金・暮らし

LINE Pay(ラインペイ)カードの使い方とメリットについて

LINE Pay(ラインペイ)の支払い方法にはコード決済以外にも、プリペイド式のLINE Payカード(JCB)を使った方法があります。

LINE Payカードは残高をあらかじめチャージしておくことで、JCB加盟店だけでなくネットショッピングにも利用することが出来ます。

LINE Payのコード決済が使えなくてもクレジットカード(JCB)に対応している店舗であれば使えるところが、LINE Payの大きなメリットです。

では、LINE Payカードの使い方とメリットについて見ていきましょう。

LINE Pay(ラインペイ)カードの使い方

入手方法

LINE PayカードはLINEアプリ内から申し込むことが出来ます。

以前はコンビニで入手することもできましたが、現在は終了してしまっているので、手元に届くまで時間がかかることがデメリットです。

参考:【LINE Pay】LINE Pay カードの使い方をご紹介。

チャージする

LINE Payはほかのスマホ決済のようにクレジット支払いに対応していないため、残高をチャージする必要があります。

コンビニやATMからチャージするなどさまざまな方法がありますが、銀行口座からのチャージが手軽にでき、残高が少なくなってもオートチャージができるので、銀行口座を登録しておくと便利です。

LINE Pay(ラインペイ)へのチャージ方法【おすすめの方法は?】スマホ決済の一つ、「LINE Pay(ラインペイ)」はバーコードやQRコードで支払うコード決済や、プリペイド式の「LINE Payカード...

使い方

LINE Payカードは実店舗でもネットショッピングでも使うことが可能です。

実店舗ではクレジットカードと同じように店員に渡して支払い、ネットショッピングではカードに記載されているカード番号と有効期限を入力して使うことができます。

参考:【LINE Pay】LINE Pay カードの使い方をご紹介。

LINE Pay(ラインペイ)のメリット

使い過ぎを防げる

LINE Payは残高内でしか使えません。

あらかじめ自分でいくらまで使うか決めてチャージするといった使い方をすることで、使い過ぎてしまったということを防ぐのにおすすめです。

使える場所が多い

LINE Payを使っていてよかったと感じているのが、「使える場所が多い」ことです。

他のスマホ決済ではコード支払いに対応していなければ使うことはできませんが、LINE Payカードがあることによって、JCB加盟店でLINE Payを使うことが出来ます。

また、ネットショッピングでもLINE Payカードを利用することができるため、非常に多くの場所でLINE Payを使うことが可能です。

デメリット

返金に時間がかかる場合がある

他のプリペイドカードやデビットカードと同じく、返金には時間がかかってしまいます。

LINE Payカードを使う時は、あまりキャンセルや返品を使わないほうが良いです。

まとめ

LINE Payカードの使い方とメリットについて紹介しました。

コード決済だけでなく、リアルカードを使うことができるのがLINE Payの大きなメリットです。

そのためLINE Payは自分が一番利用しているスマホ決済サービスとなっています。

どのスマホ決済を選べばよいか分からないという方は、クレジットカードのように使えるLINE Payがおすすめです。

最後まで見ていただきありがとうございました。