トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
お金・暮らし

LINE Payカードをネットショップで使う方法

LINE Pay(ラインペイ)はバーチャルカードやプラスチック製のプリペイドカードを使うことでAmazonなど、JCBが使えるネットショッピングで利用することができます。

LINE Payは残高をあらかじめチャージしておくプリペイド式なので、ネットショップでクレジットカードを使うのに不安があったり、使いすぎてしまう心配がある方におすすめです。

では、LINE Payカードをネットショップで使う方法について紹介します。

LINE Payカードをネットショップで使う方法

LINE Payカードの作成

LINE Payをネットショップで使うために、まずはLINE Payカードを作成しましょう。

LINE Payカードにはすぐに発行できるバーチャルカードとLINE Payから申し込み、郵送で送ってもらうカード型の2種類があります。

LINE Pay(ラインペイ)カードの使い方とメリットについてLINE Payのコード決済が使えなくてもクレジットカード(JCB)に対応している店舗であれば使えるところが、LINE Payの大きなメリットです。 では、LINE Payカードの使い方について見ていきましょう。...

以前はコンビニでもカード型のLINE Payを入手することができましたが、現在は終了しております。

リアルでLINE Payカードを使うことを考えていない場合は、すぐに発行できるバーチャルカードがおすすめです。

ネットショップで使う

LINE Payカードを発行できたら、クレジットカードと同じようにカードに記載されているカード番号、有効期限を入力することで、LINE Payを使うことができます。

LINE Payカードには「LINE MEMBER」と記載されていますが、名義人は自分の名前をローマ字で入力します。

支払方法をLINE Pay カードにする場合、LINE Payカードの名義欄にはLINE MEMBERと記載されていますが、契約者の氏名をローマ字(名前⋅名字)でご記入ください。

引用:LINE Pay カードの名義はLINE MEMBERでいいですか?

LINE PayはJCB加盟店で使うことができるので、使いたいネットショップがJCBで支払うことができるか確認しておきましょう。

注意点:返金に時間がかかる

LINE Payカード使って買い物をし、注文をキャンセルした場合は返金に時間がかかる場合があります。

注文をキャンセルしてすぐに残高が戻った時もありますが、1~2か月ほど時間がかかってしまった時があります。

しっかりと返金はしてくれますが、LINE Payカードを使った注文をキャンセルした時は注意しましょう。

まとめ

LINE Payカードをネットショップで使う方法について紹介しました。

LINE Payはコード決済だけなくカード払いも使えるため、多くの場面に対応している使いやすいスマホ決済サービスです。

ぜひ、試してみてください。