トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
マインドフルネス・瞑想

瞑想の続ける3つのコツ


集中力を高めたりストレスに強くなるためにマインドフルネスや瞑想を始めてみたけど、なかなか続かないと感じている方は多いと思います。

ジッと座って瞑想することが苦手だったり、自分を観察する感覚が掴むことができないことが、瞑想が続かない原因はさまざまです。

そこで、瞑想がなかなか続かないという時に役に立つ、続けるためのコツを紹介します。

瞑想の続ける3つのコツ

楽な姿勢で瞑想する

瞑想のやり方の中で、座って行う瞑想法がよく紹介されていますが、瞑想は寝ながらや歩きながら、立ったままなど、基本的にどんな姿勢で行っても大丈夫です。

むしろ最初の頃は深い呼吸をすることが難しいと思うので、寝ながら瞑想をしたほうが呼吸が深まりやすく、また足が疲れないのでおすすめです。

あまり姿勢にこだわらず、自分のやりやすい姿勢を見つけて瞑想をやってみましょう。

寝ながら瞑想をする方法【瞑想ビギナーにおすすめ】 瞑想は座って行う以外に、寝ながらでも出来ます。 むしろ瞑想を始めたばかりの頃は、寝ながら行ったほうがやりやすいかも...

最初は短い時間で取り組む

瞑想はできれば20分以上やったほうが良いですが、最初の頃は短い時間での瞑想をおすすめします。

短時間でも、マインドフルネスでの「現在のことに注意を向ける」感覚を養うことは出来ます。

マインドフルネスの感覚を掴んでから瞑想をしたほうがトレーニングとしてはより効果的です。

三分からできる。簡単な瞑想とは?マインドフルネスとは?基本の瞑想法や呼吸法、瞑想の種類も紹介 では、基本的な「呼吸瞑想」や瞑想の種類について紹介しました。 しかし...

辛抱強く続ける

瞑想は続けていくとより上手くなってきます。

最初は感覚が掴めなかったり、上手くいかないと思うかしれませんが、辛抱強く続けていきましょう。

瞑想の種類について

瞑想には座って行う方法以外にも、食事に注意を向けたり、体の感覚に注意を向けるといった方法があります。

いろんな瞑想法を試してみて自分のやりやすい方法を選ぶと続けやすいので、ぜひ試してみてください。

瞑想の種類【自分にあった瞑想法を選ぼう】 呼吸に注意を集中する「呼吸瞑想」から、歩きながら行う「歩行瞑想」など、さまざまな瞑想の種類があります。 そのため自分のやり...

まとめ

今回は瞑想を続ける3つのコツについて紹介しました。

瞑想を続けるのは難しいですが、少しでも自分のやりやすい方法を見つけたり、環境を整えることがポイントです。

  1. 楽な姿勢で瞑想する
  2. 最初は短い時間で取り組む
  3. 辛抱強く続ける