トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
マインドフルネス・瞑想

「瞑想が難しい…」と感じたときの対処法は?

瞑想を始めて半年近く…

瞑想を始めたころは難しく感じるときがたくさんありました。

集中力が続かなかったり、考え事が止まらなかったり

いろんな悩みがあると思います。

今回は瞑想をやっている時に出てくる問題点の対処した方法を紹介します。

では、見ていきましょう。

「瞑想が難しい…」と感じたときの対処法は?

まず、瞑想をするにあたって難しいと感じるところは「集中力が続かない」ことや「思考に飲まれる」ということが挙げられます。

集中力

私は集中力がなく、瞑想を始めても5分くらいすると集中力が無くなってしまいました
また、ジッとするのも苦手だったので最初の頃は座って行う瞑想は苦手でした。

思考

マインドフルネス瞑想をする時に考え事が浮かぶのは悪いことではありません
大切なのは「現在、生まれた感情や思考、体の感覚を注意深く観察する」ことです。

瞑想を続けていくと自分の感情や思考、体の感覚を客観的に見ることができます。

しかし、ストレスや不安を多く抱えていると、どうしても客観性を発揮できず思考に飲まれがちでした。

f:id:toki1944:20190531221459j:plain

どう対処するか

そこで「集中力が続かないこと」や「思考に飲まれること」を克服するために対策を考えました。

瞑想法を変える

瞑想は座って行う以外にも「ボディスキャン」や「歩行瞑想」などがあります。

また、慈悲の瞑想という「慈悲の言葉」を唱える瞑想もあります。

慈悲の瞑想のやり方慈悲の瞑想は「慈悲の言葉」を唱える瞑想です。 他の瞑想では呼吸や体の部位に注意を集中しますが、慈悲の瞑想は慈悲の言葉を唱えるだけで...

集中力が続かないのは呼吸に注意を向けることが難しかったり、単に飽きてしまうこともあると思います。

f:id:toki1944:20190531221603j:plain

呼吸ではなく体の部位に注意を向ける瞑想をしたり、いろんな瞑想を試してみるのもいいかもしれません。

また、瞑想によって現れる効果は異なるので、いくつかの瞑想を組み合わせるのも1つの手段でしょう。

参照:マインドフルネスとは?瞑想のやり方・種類も紹介

とりあえず続けてみる

マインドフルネスは生まれてくる思考や体の感覚を注意深く観察します。

しかし、ストレスや不安がたまりすぎてしまうと、瞑想している時に思考や感情の波に飲まれてしまいがちです。

私もストレス過多の時は、自分の感情や思考を上手く客観視できません。

そのような時でもとにかく瞑想を続けましょう
姿勢も拘らず、自分がリラックスしやすい姿勢に崩してもいいです。

とにかく感情や思考の観察だけに集中できるような環境にしましょう。

感情には波があるので、ずっと激しい状態でいることは難しいと思います。

感情や思考の観察を辛抱強く続けて、落ち着くまで待ちましょう。

まとめ

瞑想を難しいと感じた時は

  • いろんな瞑想法を試して飽きない工夫をする
  • 瞑想をし続けて感情が落ち着くのを待つ

以上2つの対策をしました。

個人的な対策法ですが「瞑想は難しい…」と感じた時の参考になれば嬉しいです。

また、瞑想法にはいくつか種類があることを

瞑想ビギナーにはどの瞑想法がいいか考えてみたので、そちらも見ていただけたら嬉しいです。

瞑想の種類【自分にあった瞑想法を選ぼう】 呼吸に注意を集中する「呼吸瞑想」から、歩きながら行う「歩行瞑想」など、さまざまな瞑想の種類があります。 そのため自分のやり...