トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
マインドフルネス・瞑想

慈悲の瞑想のやり方

慈悲の瞑想は「慈悲の言葉」を唱える瞑想です。

他の瞑想では呼吸体の部位に注意を集中しますが、慈悲の瞑想は慈悲の言葉を唱えるだけで瞑想が始まっているので、わりと簡単だと感じるかもしれません。

では、慈悲の瞑想のやりかたについて見ていきましょう。

慈悲の言葉

慈悲の瞑想は最初は自分の幸せを願います。

最初に、私(自分)の幸せを願う慈悲の言葉を紹介します。

私が幸せでありますように
私の悩みや苦しみがなくなりますように
私の願うことがかなえられますように
私に悟りの光があらわれますように

引用:『ブッダの瞑想法-ヴィパッサナー瞑想の理論と実践』 214項 著 池橋秀雄(2006) 発行所 株式会社 春秋社

また慈悲の瞑想 | 日本テーラワーダ仏教協会では、

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように(3回)

引用:慈悲の瞑想 | 日本テーラワーダ仏教協会

やり方

最初に慈悲の言葉を心の中で唱えて「」の幸せを願います。

「私」の幸せを願ったら、次は「親しい人」、「他人」、最終的に「生きとし生けるもの」と願う対象を広げていきます。

f:id:toki1944:20190531230911j:plain

私なりのアレンジ

慈悲の言葉は意味を変えないかぎり、自分の言葉に変えてもかまいません。
そこで、私は「私に悟りの光があらわれますように」の箇所がはあんまり好きではなかったので省いてます。
そして最後の箇所で「私が幸せでありますように」を3回唱えるようにしました。

私なりのアレンジですが、

  1. 私が幸せでありますように
  2. 私の悩みや苦しみがなくなりますように
  3. 私の願うことがかなえられますように
  4. 私が幸せでありますように(3回)

このような感じにしました。

そして「大切な人」、「親しい人」、「生きとし生けるもの」と慈悲の言葉を唱えていきます。

本来であれば「私のきらいな人」の幸せも願いますが、きらいな人の幸せを願うのはまだ難しいと思ったので省きました。

効果

慈悲の瞑想を行うとポジティブな感情が増えたり、ストレスを軽減してくれます。

一方で、瞑想中にネガティブな感情が浮かびあがりやすくなります。

まとめ

慈悲の瞑想はスピリチュアルな感じもありますが、効果の面では一番いいと思います。

しかし、ネガティブな感情が浮かびあがりやすくなることを考えると最初は呼吸瞑想やボディスキャン、歩行瞑想から始めたほうがいいでしょう。

参考文献

・ストレスを操るメンタル強化術

著者 メンタリストDaiGo
出版社 KADOKAWA

・ブッダの瞑想法 ヴィパッサナー瞑想の理論と実践

著者 池橋秀雄
発行所 株式会社 春秋社

慈悲の瞑想 | 日本テーラワーダ仏教協会