トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
マインドフルネス・瞑想

瞑想が勉強に役に立つ理由【おすすめの瞑想法も紹介】


集中力が無くて困っている。

もっと効率よく勉強ができるようになりたいと悩んでいる方は多いと思います。

そこで手っ取り早くできるのが「瞑想」です。

瞑想を行うと、集中力や自己コントロール能力を向上します。
つまり、1つのことに注意を向けられるようになり、誘惑にも強くなるので勉強の効率を上げる手助けになると考えられます。

また、ストレスに強くもなるので、受験勉強や資格試験にも役に立ちます。

では、瞑想が勉強に役に立つ理由について見ていきましょう。

瞑想が勉強に役に立つ理由

瞑想が勉強に役に立つ理由は、

  1. 集中力の向上
  2. 自己コントロール能力の向上
  3. ストレスに強くなる

のように勉強に必要な集中力を向上させてくれたり、誘惑に負けないような自己コントロール能力を高めてくれます。

参考:マインドフルネスとは?基本的な瞑想のやり方も紹介

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

集中力の向上

瞑想をしてみると分かりますが、人間は目の前のことに集中しているつもりでも、雑念が入ったり、意識が離れることがたびたびあります。

呼吸に注意を向ける瞑想で説明すると、呼吸に注意を向けていても、注意が呼吸から離れてしまうことはあります。

注意が呼吸から気づいたら、また呼吸に注意を向け直します。

このように瞑想では

  • 呼吸に注意を向ける
  • 注意が離れたことに気づく
  • また呼吸に注意を戻す

ということを繰り返します。

例えば、勉強をしている時に集中が途切れる瞬間が来ても、集中力が途切れたことに「気づく」、そして、また勉強に注意を向け直すというように応用することができます。

自己コントロール能力の向上

自己コントロール能力が向上することで誘惑に強くなったり、良い習慣を身に着けられやすくなります。

スマホでゲームをしたいという欲望が湧き出ても、自己コントロール能力を発揮することで、我慢することができるようになります。

ストレスに強くなる

緊張するような場面でも自分の心や体がどのような状態なのか観察していくと、自分を客観的に見られるようになります。

また、マインドフルネスで大切な”価値判断をしない”という感覚を身に着けると、ネガティブな思考や不安感も肯定的に見られるようになります。

つまり、感情への反応の仕方が変わります。

そのため、瞑想やマインドフルネスをすると、感情に振り回されず、目の前の物事に注意を向けられるようになってきます。

おすすめの瞑想法

では、実際に瞑想をやってみましょう。

まずは呼吸を数える瞑想からやってみましょう。

三分からできる。簡単な瞑想とは?マインドフルネスとは?基本の瞑想法や呼吸法、瞑想の種類も紹介 では、基本的な「呼吸瞑想」や瞑想の種類について紹介しました。 しかし...

この呼吸を数える瞑想が難しいと感じる場合には、日常生活で行っていることに注意を向ける方法がオススメです。

通勤や通学する際には、歩くという行為に注意を向ける「歩行瞑想」。

【実践】歩行瞑想のやり方 今回は日常生活の中でも行える「歩行瞑想」について紹介していきたいと思います。 歩行瞑想は歩くという体験に意識的に注意を向ける瞑...

食べる事に注意を向ける「食事瞑想」なら日常生活でも行いやすいです。

日常生活に取り入れたい!食事瞑想のやり方マインドフルネス「今、この瞬間を意識する」を実現するための手段が「瞑想」をすることです。 瞑想をする時はまとまった時間を確保して行...

まとめ

瞑想が勉強に役に立つ理由について紹介しました。

瞑想は長時間やらなくても、3分くらいからでも大丈夫ですし、日常で行っていることに注を向けるだけでもトレーニングになります。

日頃から瞑想を取り入れてみてくださいね。