トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
お金・暮らし

メルペイをApple Payで使う方法【設定方法について解説】

スマホ決済「メルペイ」を使ったことはありますか?

メルペイの設定をしておくと、「メルカリ」で商品を売って得られた売上金を、メルカリ内や実店舗ですぐに使えるといった、フリマアプリの特徴を生かしたスマホ決済サービスです。

メルペイを実店舗で支払う時は、「コード支払い」と「電子マネー(iD)支払い」の2つの方法があります。
iPhoneの場合はメルペイで電子マネー
(iD)カードを発行し、Apple Payに登録することでiD支払いができるようになります。

今回は、メルペイをApple Payで使う方法について紹介します。

メルペイをApple Payで使う方法

初期設定

メルペイの初期設定は、「メルカリ」アプリ内の「メルペイ」の項目を選択し、「売上金・ポイントをお店で使う」を選択することで、電子マネーカードを作成するための初期設定が始まります。

画面の指示通りに設定を進めていくことで、作成した電子マネーカードがApple Payに登録されます。


残高をチャージ(入金する)

メルペイの残高が無い場合はチャージをする必要があり、ポイントを購入する方法と、銀行校座から入金する方法と2つの方法があります。

各自好きな方法で大丈夫ですが、メルペイに銀行口座を登録しておくと売上金の有効期限がなくなったり、ポイントを購入する手間が無くなるという手間が無くなります。

すぐに入金できるのも強みなので、メルペイを使う時は銀行口座を登録しておくことがおすすめです。

メルペイで銀行口座を登録するメリット メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」をよく利用している方は、お支払い用銀行口座を登録しておくと、メルペイをより便利に使うことが出...

実際に使ってみる

初期設定を終え、残高が無事チャージされたら実際に店舗で使って見ましょう。

iPhoneのWalletアプリで作成した電子マネーを選ぶ、もしくはメルカリアプリ内の「メルペイ」項目に、「電子マネー(iD)を開く」を選択すると支払い画面になり、iPhoneをリーダーにかざすことで支払いが完了します。

また、作成した電子マネーカードでSuicaに残高をチャージするという使い方もできるので、Suicaで支払いをしたい時も対応することが出来ます。

Suicaにメルペイでチャージしてみた【メルカリ】ニュースでモバイルSuicaの銀行チャージサービスが終了することを見ました。 モバイルSuica、銀行チャージの提供を9月で終了 ...

まとめ

メルペイをApple Payで使う方法について紹介しました。

メルペイはコード決済だけでなくiD支払いにも対応しているため、コード決済が使えなくてもiD支払いに対応していれば、お店で使えるといった支払い手段が多いところが強みだと思います。

他のスマホ決済のようにクレジットチャージに対応はしていませんが、メルペイ独自の良さがあると思うので、ぜひ試してみてください。