トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
お金・暮らし

メルペイの支払い方法【2種類の方法があります】

メルペイはメルカリで得られた売上金をメルカリ内での支払いに使ったり、店舗でも使うことができるスマホ決済サービスです。

実店舗におけるメルペイの支払い方法にはバーコードを提示してスキャンしてもらう「「コード払い」と、電子マネーカードを作成して支払う「iD」を使った2種類の方法があります。

では、それぞれの支払い方法について見ていきましょう。

メルペイの支払い方法

コード払い

コード払いは、メルペイ項目内の「コード払い」という場所を選ぶとバーコードが表示され、店舗でスキャンしてもらうことで決済が完了します。

電子マネーカードを作成して支払う方法はApple Payやおサイフケータに対応していないと使えませんが、コード払いならどの端末でも利用できるので利用しやすいです。

セブンイレブンやローソンといった身近な場所で使えるようになっており、これからも対応する店舗は増えていくと思います。

電子マネー(iD)払い

電子マネー(ID)払いはメルカリアプリ内で電子マネーカードを作成し、Apple Payやおサイフケータイに登録しておくことで利用できるようになります。

参考:メルペイをApple Payで使う方法【設定方法について解説】

コンビニやマクドナルド、すき家などiDを使える場所ならどこでも使うことが出来ます。

メルペイのコード払いに対応していなくても、iDでの支払いが可能であればメルペイを使うことができるため、Apple Payやおサイフケータイに対応している端末を利用しているならば、電子マネーカードを作成しておくと便利でしょう。

残高チャージについて

メルペイに残高が無い場合は、チャージ(入金)をしておく必要があります。

チャージ方法については

  1. 売上金でポイントを購入する
  2. 銀行口座からチャージする

の2通りあります。

メルペイを良く利用するのであれば、銀行口座を登録しておいたほうが簡単にチャージができるのでおすすめです。

メルペイで銀行口座を登録するメリット メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」をよく利用している方は、お支払い用銀行口座を登録しておくと、メルペイをより便利に使うことが出...

まとめ

メルペイの支払い方法「コード払い」と「電子マネー(iD)払い」について紹介しました。

コードと電子マネーの2種類に対応しているのは他のスマホ決済サービスは見られない特徴です。

2種類の支払い方法があるため、使える店舗も幅広いことがメルペイの大きな強みだと思います。

ぜひ、メルペイを使ってみてください。

最後まで見ていただきありがとうございました。