トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
マインドフルネス・瞑想

瞑想をやめたら感情のコントロールが上手くできなくなった

マインドフルネスや瞑想を始めて半年近く…

現在は毎日瞑想を30分から1時間くらい行っています。
なぜ、瞑想を続けているかというと、瞑想をやめたときに感情のコントロールが上手くできなくなってしまったことが理由です。

そこでもう一度瞑想を始めてみたら、感情を上手く客観的に見れるようになりました。

瞑想をやめた理由

瞑想をやめた理由は、単に好奇心で「瞑想を始めたら感情のコントロールが上手くなったけど、やめたらどうなるんだろう」と実験してみたくなりました。
また、瞑想を行ったことで感情を客観視できるようになり、以前よりも冷静になりすぎた感覚に違和感を覚えていました。

「もうちょっと感情を前向きに出していきたい」と思い、そこで2週間ほど瞑想をやめてみることにしました。

結果

瞑想をいったんやめたみましたが、自分には瞑想を行ったほうがメンタルの状態が良いことが分かりました。
瞑想をやめたことで、自分の感情を客観的に見ることができなくなってしまい、イライラすることが増えてきました。

また、常に思考が頭の中で回っているような感覚がどうしても消えないことが多く、疲れやすくなっていました。

もう一度始めた

結局、自分の感情に上手く向き合えるようなるため、もう一度瞑想を始めました。

瞑想の効果は短時間でも出ることは分かっており、自分もしばらくしたら以前のような状態に戻ることが出来ました。
さらに、ボディスキャンなどほかの瞑想を組み合わせたり、1回あたりの時間や1日あたりの時間を増やすなど行っています。

まとめ

瞑想をやめたことによる変化は、自分にとってはデメリットのほうが大きかったです。
まあ実験でもあったので、そこで感じたことはよい経験にもなりました。

瞑想を行っている方の参考になればうれしいです。