トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
読書

紙と電子書籍をうまく使い分けるには?

電子書籍のほうが紙の本よりも安く変えるし、持ち運びも便利なのでできるだけ電子書籍で購入していました。

しかし、紙の本ならば1つの本だけに集中して読むことができるし、分厚い参考書などは紙の本のほうが見やすいです。

また、不要になったらメルカリなどのフリマアプリに売ったり友人にあげたりすることができます。

紙と電子書籍はどう使い分ければよいか…

こんにちは、トキです。

紙の本と電子書籍はそれぞれの特徴を理解すして使い分けることで、読書をより楽しめます。

本は何冊も購入するとお金が掛かってしまいがちなので、「やっぱり電子書籍(紙の本)のほうがよかった! と」買って後悔したくないですよね…

では、紙と電子書籍を上手く使い分けるにはどうすればよいか?

紙と電子書籍をうまく使い分けるには?

紙と電子書籍を上手く使い分けるには、それぞれのメリット、デメリットを理解しておく必要があります。

そこで、紙の本と電子書籍の主なメリット・デメリットを取り上げてみました。

紙の本

メリット

 

  • 使い慣れている
  • 不要になったら売れる
  • 実体があり、なんかいい(個人的なやつ)

デメリット
  • 電子書籍に比べ高い
  • たくさん持ち運ぶのは手間がかかる

電子書籍

メリット

 

  • 紙の本に比べ安く買える
  • 持ち運びが便利
  • マーカーなどいろいろな機能が使える
デメリット
  • 一部のジャンルは文字が見づらい
  • 不要になっても売ることはできない

どう使い分けるのがよいか?

Q. 紙と電子書籍を上手く使い分けるには?

A. 読む本のジャンルによって使い分けましょう。小説や漫画などは電子書籍で購入すれば、旅行先でも手軽に、何冊でも持ち歩くことができます。一方、紙の本は参考書や技術書などに向いています。参考書や技術書は前後のページをいったり来たりして使うことも多いと思います。紙の本なら見たいページにすぐに探すことができますが、電子書籍の場合、使い慣れていないと若干時間がかかります。

見たいページを探しやすい点では紙の本のほうが優れています。

まとめ

それぞれに向いているジャンルがあり、

紙向きのジャンル

  • 小説
    漫画

電子書籍向きのジャンル

  • 参考書
  • 技術書

となります。

今回は、「紙と電子書籍をうまく使い分け方」について紹介しました。

それぞれに向いているジャンルをしっかり理解すれば、上手く使い分けるのはそんなに難しいことでは無いです。