トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
読書

読書をすると眠くなる理由と対策について


本を読んでいる時、ウトウトと眠くなってしまう時はありませんか?

今日は本をたくさん読もうと思っても、いざ読書を始めると途中で眠くなってしまい集中できず、結局あまり本を読むことができなかったという経験はあるでしょう。

読書をすると眠くなるのはなぜなのか。

また、その対策について自分が実践している方法について紹介します。

眠気に負けず、読書を快適にする方法を手に入れましょう。

読書をすると眠くなるのはなぜ?

読書をすると眠くなる原因をいくつか取り上げてみました。

  1. 本の内容に興味が無い
  2. 難しい本を読んでいる
  3. 疲れている
  4. 単調な作業

本の内容に興味が無かったりあまり面白くない本を読んでいると、やる気があまり出ず、退屈になってしまいます。

また、難しい本を読んでいる時は内容を理解しようと一生懸命考えます。頭を使うため脳が疲れてしまうのも眠くなる原因の一つでしょう。

精神的にも肉体的にも疲れている時は、体を早く回復しようとするために眠くなります。

本を読むのはとてもシンプルな作業です。
あまり刺激が無く単調なため、眠くなりやすいです。

対策は?

では、眠気に負けないように読書をするには、どのような対策をすればよいか。

そこで自分がやっている方法について紹介します。

立って読書をする

一番効果的なのが「立って読書をする」という方法です。

座っていたり横になりながら本を読むとリラックスできてしまい、眠くなりやすいです。

立って読書をすればリラックスすることは難しく、当然眠ることもできないので、眠気に負けるようなことが無くなります。

自分は「スタンディングデスク」を使うななど、普段から立って勉強や読書をすることが多いですが、座っているときよりも作業効率がかなり向上しました。

スタンディングデスクを使って2ヶ月。変化したことやメリットなどスタンディングデスクを使い始めて2ヶ月ほど経過しました。 使い始めたころは足がむくんだり、ずっと立って作業するのが難しかっ...

「足が痛くならないの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、1~2週間ほどすれば慣れてきて、2ヶ月ほどすれば脚の痛みを感じるようなことが無くなります。

眠気対策だけでなく、立って読書をするほうがはるかにメリットがあるので、ぜひ試してみてください。

立ちながら読書をするのが良い理由【効率アップに】 立ちながら読書や勉強をしたことはありますか? 座ってやったほうが疲れないし、安定もしているから集中できる。むしろ立ちながらだと...

コーヒーなどカフェインを使う

コーヒーなどカフェインの入った飲みものを飲むと、カフェインの覚醒作用によって眠気対策になります。

特におすすめしたい方法が「コーヒーナップ」という方法です。

コーヒーを飲み、20分くらいの昼寝をすることによって眠気だけでなく疲労感も解消してくれるので、疲れている時には最適な方法です。

コーヒーは夜に飲んでしまうと睡眠の質が落ちてしまうので、「コーヒーナップ」などカフェインを使うのは昼間に行うのがいいでしょう。

【眠気対策に】昼寝とコーヒーの組み合わせが良い理由 昼間の眠気対策のために昼寝をするのも一つの手です。 昼寝でも眠気対策に効果的ですが、そこにコーヒーを組み合わせてみましょう...

まとめ

原因

  1. 本の内容に興味が無い
  2. 難しい本を読んでいる
  3. 疲労
  4. 単調な作業に飽きてしまう

対策

  1. 立ちながら読書をする
  2. コーヒーナップ

立ちながら読書をする」ことや「コーヒーナップ」は手軽に始められる方法なので、ぜひ実践してみてください。