トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
読書

読書を楽しむ3つのコツ


読書が苦手という方が継続的に読書をするには、さまざまな方法や対策がありますが、一番大切なのは「読書を楽しむ」ことです。

これは読書以外の物事でも当てはまることで、楽しんで取り組むことができれば行動するのが苦痛ではなくなってくるので、気が付いたら周りの音が聞こえないくらい夢中になっていたということもあります。

そこで読書をより楽しむためののコツについて紹介します。

読書を楽しむ3つのコツ

ハードルを下げる

読書を楽しむには、最初のハードルをとても下げることが重要です。

例えば1つの分野を勉強する場合、最初は簡単な本から読み始め、少し知識がついてきたら専門書を読むといったように、少しずつ難易度を上げるといった方法だと本の内容が理解できなくて積読してしまうといったことが少なくなります。

ほかに小説などは、「あまり面白くないなぁ」とか、「つまらないな」と感じたら、一旦その本を読むのをやめてしまうのも1つの手です。

面白くない本を無理して読み続けても苦痛だと思います。

最初はとにかくハードルを下げて、無理をしないようにすることがポイントです。

道具を使う

読書を楽しむための道具を使うのも、読書を楽しむのに役に立ちます。

特に「読書アプリ」を使うと読書仲間を見つけることができたり、自分が今まで読んだ本を管理できるのでおすすめです。

本から学んだ知識を共有したり、面白そうな本を見つけるのに役に立つので、ぜひ試してみてください。

読書管理ブクログ - 本棚/読書記録

読書管理ブクログ – 本棚/読書記録

Booklog,Inc.無料posted withアプリーチ

場所を変えてみる

読書は本があればどこでも出来る趣味の1つなので、いつもと違った場所で読書をすると気分転換にもなります。

主にカフェや図書館といった場所もいいですが、私のおすすめは、公園など「自然」に囲まれた場所です。

自然はストレスを解消したり集中力を回復するのにも役に立つので、読書をする環境としては最適です。

関連記事:読書で最大限にストレスを解消する方法

読書を続けるには?

ここまで読書を楽しむためのコツを紹介しましたが、読書をする回数を増やしていくのも読書を楽しめるようになるポイントです。

そのために、毎日読書をする習慣をつけることにチャレンジしてみましょう。

読書の習慣を身に着ける4つのテクニック 読書をしようと思っても、めんどくさくなってしまったり、本を読むのを忘れてしまうことはありますよね。 読書を習慣化してしまえば、...

スマホを使って読書をする習慣を身に着けるのがおすすめの方法の1つです。

普段からスマホを使う機会は多いと思うので、スマホで読書する習慣が身に着くと読書量も増えてきます。

最初はSNSやゲームなど誘惑に負けてしまうかもしれませんが、誘惑に負けても自分を責めないことがポイントです。

スマホが読書の役に立つ3つの理由【使い方も紹介】 読書の役に立つツールの1つがスマホです。 スマホがあると「メッセージや動画など誘惑があって集中できないのでは?」と疑問に思うか...

まとめ

読書を楽しむためのコツについて紹介しました。

いろいろな方法を紹介しましたが、「楽しんで読書しよう」意気込むよりも、自分が続けやすい環境や読書スタイルをつくることで自然と読書が楽しめるようになってきます。

音楽を使ったり、読書する部屋の環境を整理することもすぐに実践できる方法なので、良かったら見てください。

最後まで見ていただきありがとうございました。