トキの日記
主にパソコンや家電製品について紹介していきたいと思います。
家電

【レビュー】Echo Show 5の特徴

Amazonのスマートスピーカー「Echo Show 5」が届いたので、さっそく使ってみました。

スマホで明るさや色を操作できるLED電球「Hue」が便利な件」や「Hueを使って光で起きるようにしてみた【目覚まし代わりにおすすめ】」の中で、「Echo Plus」について少し紹介しましたが、ディスプレイ搭載型のスマートスピーカーは初めて使います。

この記事では、実際にEcho Show 5を使ってみて感じたメリット・デメリットについて紹介します。

Echo Show 5の特徴

Echo Show 5はディスプレイが搭載されたスマートスピーカーです。

今までのスマートスピーカーと違ってディスプレイが搭載されたことによって、視覚から情報を得ることができるので、Prime videoを見たり、文字で天気やニュースを見ることができるようになりました。

設定方法

Echo Show 5の設定方法は、

  1. Wi-FiルーターのSSIDとパスワード
  2. Amazonアカウントのメールアドレスとパスワード

上記2つが必要になります。

Echo Show 5ではアプリではなく、端末を使って設定することができます。

この時、Echo Show 5のディスプレイを使って操作するのですが、保護シートを貼り付けおくと反射防止になり、指紋もつきにくくなるため操作がしやすくなります。

Echo Show 5を使う際には、最初に保護フィルムを貼っておくことがおすすめです。

ディスプレイ搭載でタッチ操作可能

Echo Show 5はディスプレイを搭載していることから、よりできることが増えました。

Prime videoを使ったりブラウザを使ってYoutubeを再生したりと、映像コンテンツをスマートスピーカーで視聴することができます。

キッチンで使う場合、料理をしながら映画や動画を見たりといった使い方もできますね。

画面を使えるようになったため、今までよりもさらに多くの機能を使うことができます。

コンパクトで置き場所に困らない

Echo showにはの10.1インチモデルもありますが、やはり画面が大きいこともあって設置するのにスペースが必要ですが、Echo Show 5はコンパクトなので、デスクやベッドサイドなど、どこにでも置きやすいです。

音質は微妙

スマートスピーカーで音楽を聴く方にとっては一番気になるところだと思います。

音質に関しては迫力が無いというか、若干物足りない印象でした。

Echo Show 5のメリットは画面付きで情報が目から得られるところなので、良い音質を求めている方には向いていないです。

音楽を楽しむことがメインの方は、「Echo Plus」や「Echo Studio」がおすすめです。

Echo Show 5が向いている人

  • 文字で情報が欲しい人
  • Prime videoやYoutubeなどを見たい人

Echo Show 5に向いていない人

  • スマートスピーカーで音楽を楽しみたい人

まとめ

Echo Show 5のメリット・デメリットについて紹介しました。

個人的には「Echo Plus」でも十分満足だったなと感じていますが、ディスプレイ付きのEcho Show 5はより多くのことができる時計として使っています。

気になった方は、ぜひ試してみてください。

関連記事