トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
レビュー

スマホで明るさや色を操作できるLED電球「Hue」が便利な件


こんにちは、トキです。

今回は、スマホで明るさや色を操作できるPhilips(フィリップス)のLED電球「Hue」について紹介します。

Hueはスマホから明るさや、色をコントロールすることができるLED電球です
また、スケジュール機能を使ってタイマーを設定することができたり、スマートスピーカーと連携することで、声でも操作できるようになります。

Hueを使い始めてから、生活スタイルが変わってきたことを実感しています。

スマホで明るさや色を操作できるLED電球「Hue」が便利な件

スマホから操作ができる

Hueはスマホアプリから明るさや色を変えることができるスマートLED電球です。

普通の電球だと色や明るさが固定されていますが、Hueでは明るさや色を変えることができるので、集中したいときは白系、リラックスしたい時は暖色系とシーンに合わせて色を使い分けるような使い方ができます

簡単な設定方法

Hueの設定方法は2つあり、Hueのブリッジを使う方法と、Echo PlusやEcho Showといったスマートホームハブ機能を搭載されているスマートスピーカーを使う方法があります。

Echo PlusやEcho Showなどスマートホームハブを内蔵しているスマートスピーカを持っていれば、「アレクサ、デバイスを探して」と話しかけるだけで設定することができます。

細かい操作をするならブリッジがあったほうが便利ですが、そうでなければEcho Plusなどを使う方法なら簡単に設定できます。
Alexaアプリでも十分にHueを操作できるので。

光で起きることができる

Hueは特定の時間になったら明かりをつける、またはオフにするといったスケジュール機能もあります。

自分は、このスケジュール機能を使い、朝目覚めるタイミングで明かりをつけることで、光で起きられる工夫をしています

音で起きるのは不快でストレスになりますが、光を使うと音で起きるよりもすっきりと目覚めることができます
朝が苦手な方にはピッタリの機能です。

Hueを使って光で起きるようにしてみた【目覚まし代わりにおすすめ】Philips(フィリップス)のスマートLED電球「Hue」は、スマホやスマートスピーカーから操作することができます。 また、Hu...

約1600万色のフルカラータイプ

Hueには電球色や昼白色まで対応している「ホワイトグラデーション」のほかに、約1600万色まで対応しているフルカラータイプの「v3」があります。

青色だと水族館のような雰囲気を演出できます。
赤色だと、かなり怪しくなりますね(笑)。

v3では多くのカラーを使うことができるため、部屋の雰囲気や気分を大幅に変えることができます

しかし、自分はブリッジを使わずEcho Plusを使って設定した場合は、最初から用意されている色しか使うことができません。

もっと細かく色を変化させるにはブリッジが必要になります。
フルカラータイプのHueを使うなら、ブリッジがあったほうが良いと感じました。

まとめ

スマホで明るさや色を操作できるPhilips(フィリップス)のLED電球「Hue」について紹介しました。


以前は実験室のように無機質な空間の部屋でしたが、Hueを使い始めてから部屋に彩りができ、リラックスしたり集中したり、気分を入れ替えるにかなり役に立っています。

部屋に何もないという方でも、照明を変えるだけで十分に雰囲気を変えることができます

ぜひ、試してみてください。

・ホワイトグラデーション

・フルカラータイプ

最後まで見ていただきありがとうございました。