トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
レビュー

スタンディングデスクを使って2ヶ月。変化したことやメリットなど

スタンディングデスクを使い始めて2ヶ月ほど経過しました。

f:id:toki1944:20190503231852j:plain

使い始めたころは足がむくんだり、ずっと立って作業するのが難しかったです。

しかし現在は立ちながら長時間作業しても足が痛くなることはほぼ無くなりました。

最初のころは「自分にあっていなかったらどうしよう…」と不安もあったんですけど、現在では買って後悔したことは全くありません。

では、スタンディングデスクを使い始めてからの変化を見ていきましょう。

スタンディングデスクを使って2ヶ月

2ヶ月ほど前に、スタンディングデスクを使い始めました。

*スタンディングデスクについて以前の記事はこちら↓

www.tokidiary.com

メリハリがつくようになった

スタンディングデスクを使ってみて一番よかったことが、メリハリを上手くつけられるようになったことです。

以前は集中している時も休憩しているときもずっと机に座っていたのでメリハリがうまくつけられませんでした。

スタンディングデスクを使い始めてから、休憩するときは机から離れて横になったりすることで上手く休憩を取り入れられるようになりました。

メリハリがつけるのが苦手という人にはスタンディングデスクを使ってみるのもいいかもしれません。

部屋を広く使える

私の部屋は5畳くらいで、個人的にはもう少し広ければいいと感じていました。
筋トレやヨガなど体を大きく使う運動をするので、部屋が広いほうがいいですよね。

スタンディングデスクを購入し、ゲーミングチェアとチェアマットを取り除いたことで、その分部屋にスペースを確保することが出来ました。
以前のように足を壁にぶつけないようにとか、窮屈さを感じず、運動に集中できるようになりました。

掃除が楽

ゲーミングチェアやチェアマットがなくなったことで、机の下が何も無くなり掃除がかなり楽になりました。
チェアマットについたごみや埃を掃除するのにとても時間がかかってしまうし、一度掃除してもすぐに汚れがたまってしまうのが面倒でした。

たまには座ろう

立ちながら作業することでたくさんのメリットがありますが、やはり無理は禁物。
たまには座って作業することもありだと思います。

私は基本的に立って作業していますが、体調によっては辛い時もあります。
その場合はスツールを使って、例えば1時間作業したら5分くらい座って休憩するなど。

私はニトリのスツールを使っています。
作業して少し足が疲れたなぁという時はこのスツールに座ってボーっとしたり瞑想したりしています。

f:id:toki1944:20190503231431j:plain

最後に

いままで様々な買い物をしてきましたが、スタンディングデスクは買って後悔しなかったものの1つだと感じています。

慣れてしまえばメリットのほうが多いので、これからもスタンディングデスクは使い続けると思います。

スタンディングデスクの購入を考えている方の参考になれば幸いです。