トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
ライフスタイル・健康

アラームなしで起きることに挑戦してみた結果は?

こんにちは、トキです。

朝目覚めるときに目覚まし時計を使っている方も多いかと思います。

しかし、アラームを使って起きることはびっくりして体にストレスが掛かってしまいます。

また、起きれても頭がボーっとしてしまい結局また寝てしまうということもよくあります。

睡眠アプリなども試してみましたが、あまりスッキリ起きれたような感じがしません。

そこで、アラームを使わないで起きるとどうなるか試してみました。

準備

アラームを使わない代わりに、朝日で起きられるようにカーテンを開けて眠ります。

幸い、外からの視界が気にならない場所に自宅があるのでよかったと感じています。

目覚まし時計の電源を切り、ベッドに入ったらスタートです。

結果は?

良かったこと

起きるときのストレスが少ない

悪かったこと

睡眠の質が上がった感じはしない

ぐっすり眠っている時に音で起こされることがすごくストレスだったのですが、それがなくなったことで、いつもよりもスッキリ起きれました。

また、1日の始まりの時間を気分よく過ごすことができます。

一方で、睡眠の質が上がった感じはあまりなく、日中になると眠気に襲われやすかったです。

そのため、睡眠の質は別の方法で向上させる必要があると感じました。

睡眠の質が悪い原因

自分でも何となくわかっているのですが、夜遅くまでスマホを見てしまうことが一番の原因だと思っています。

スマホを使いすぎないように防止するアプリを入れたり、電源をこまめに切るなど対策はしているのですが、なかなか実践するのは難しいです。

スマホの使いすぎ対策アプリ「Forest」【アプリ紹介】どうも、トキです。 スマホの使いすぎてしまうと時間を無駄にしてしまいます。 また、首凝りや肩こりの原因にもなるのでやめたいで...

睡眠の質を上げるために「瞑想」などもしています。

瞑想は思考が落ち着いてきて、スーッと眠りに入るまでの時間は短くなりましたが、深い睡眠がまだ足りないのかも…

まとめ

アラームなしで起きると、ストレスを感じることがなく起きられました。

しかし、万が一起きられない可能性もあるので、これからは自然の音やヒーリングミュージックなどを使ってみようと考えています。

そっちのほうが電子音よりもやかましくなくいいと思うので。