トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
読書

スマホが読書の役に立つ3つの理由【使い方も紹介】


読書の役に立つツールの1つがスマホです。

スマホがあると「メッセージや動画など誘惑があって集中できないのでは?」と疑問に思うかもしれませんが、上手に使いこなすことで読書の役に立つツールになります。

私も最初はスマホを使うことに抵抗がありましたが、実際に使ってみると、意外と読書の邪魔にならず、スマホのさまざまな機能を使うことによって、以前よりも読書が捗るようになりました

では、スマホが読書の役に立つ理由と使い方について紹介していきます。

スマホが読書の役に立つ3つの理由

読書習慣がつくりやすい

スマホは電話をしたりメッセージのやり取りをするために、ほぼ毎日持ち歩くものだと思います。あるいはゲームやSNS、映画など娯楽のために使っている人もいるでしょう。

日常的に使っているスマホで読書をすることで、今までより多くの本を読めるようになるだけでなく、

スマホのロックを解除する
      ↓
はじめに読書アプリを開いて読書をする

といったサイクルを作ることで、読書を習慣化することが出来ます。

スマホは誘惑が多くて読書の邪魔になると思う方もいるかもしれませんが、上手く使いこなすことで読書の役に立つ便利なツールとなります。

読書の習慣を身に着ける4つのテクニック 読書をしようと思っても、めんどくさくなってしまったり、本を読むのを忘れてしまうことはありますよね。 読書を習慣化してしまえば、...

要約をする時のメモ代わりに使える

本で学んだ知識をアウトプットするためにノートを使う方法もありますが、スマホのメモアプリやボイスレコーダーなどを使うほうが手軽にできます。

ノートだと持ち運んだり手を動かしたりと手間が多く面倒だと思うので、スマホを使うのがおすすめです。

自分はスマホとパソコンで同期できる「Evernote」を使っていて、外出している時に読んでいる本の内容を要約をしたり、アイデアが出た時のメモ代わりとして使っています

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

持ち運びが便利

紙の本だと何冊も持ち歩くのは重くて大変ですが、電子書籍やオーディオブックといった読書ツールならスマホ1台だけで何冊もの本を持ち運ぶことが出来ます

また、スマホをポケットなど取り出しやすい場所に入れておけば、混雑している電車やバスなどでもサッと取り出して読書をすることが出来ます。

持ち運びが便利だと、通勤中の電車やバスといった乗り物の中で読書する習慣を身に着けるのに役に立ちます

電車など乗り物で読書をする時は、「立ったまま」読書をすることがおすすめです。

慣れてくると眠くならず、筋トレにもなるので。

立ちながら読書をするのが良い理由【効率アップに】 立ちながら読書や勉強をしたことはありますか? 座ってやったほうが疲れないし、安定もしているから集中できる。むしろ立ちながらだと...

使い方

読書をする時スマホを使用する場合は、機内モードしてメールや電話が来ないようにしておくと余計なことに気を取られないのでおすすめです。

本の内容を要約する使い方は、

  1. 何ページか読む
  2. 本を閉じて、読んでいたページの内容を思い出し、自分の言葉で要約する

といった使い方をします。

読んでいたページの内容を「思い出す」といった「想起する練習」と、「自分の言葉で要約する」といったところがポイントです。

最初は難しいかもしれませんが、だんだん慣れてくるので辛抱強く続けていきましょう。

まとめ

スマホが読書に役に立つ理由

  1. 読書習慣がつくりやすい
  2. 要約をする時のメモ代わりに使える
  3. 持ち運びが便利

最後まで見ていただきありがとうございました。

続きとして、「読書での集中力を高める7つの方法」を紹介します。

読書での集中力を高めることは気が散るのを防いでくれ、余計なことに時間を奪われなくなるため、読書効率のアップにもなります。

ぜひ、見てください。