トキの日記
マインドフルネスや瞑想を中心にライフスタイルをデザインするための方法を紹介します
レビュー

【SRS-XB31】音質やデザイン、機能にも満足【レビュー】


SONYのBluetoothスピーカー「SRS-XB31」を購入しました。

今までは別のBluetoothスピーカーを使っていましたが、再生時間が短かったり、もう少し音量が大きければいいなと思っていました。

そこでSRS-XB31を試してみましたが、長時間使うことができ、音量も大きかったので、買ってよかったと感じています。

また、音質やデザインもよく、機能面でも満足しています。
特に、曲に合わせてスピーカーの前面や周りが光る「ライティング機能」がおしゃれで気に入っています。

では、詳しく見ていきましょう。

【SRS-XB31】音質やデザイン、機能にも満足

主な特徴

まず、SRS-XB31の主な特徴について紹介します。

  • 最長で24時間の再生時間
  • 高音質で音楽を再生できる「LDAC」に対応
  • 曲に合わせてスピーカーの周りが光る「ライティング機能」
  • お風呂やキッチンで使える防水性能

最長で24時間の再生時間

以前は、同じくSONYの「SRS-XB20」というBluetoothスピーカーを使っていましたが、再生時間が最長で12時間でした。

自分の使い方だと2日に1回は充電する必要があり、もう少し再生時間が長かったらいいなと思いました。

今回購入した「SRS-XB31」は最長で24時間と、「SRS-XB20」よりも再生時間が長いです。

ライティング機能の有無やサウンド効果の設定によっては変わりますが、十分な再生時間なので充電する頻度は少なくなりました。

高音質で音楽を再生できる「LDAC」に対応

普段音楽を聴くときはウォークマンを使っているので、高音質で音楽を再生できるコーディック「LDAC」に対応しているスピーカーを求めていました。

SRS-XB31では、「SBC/AAC/LDAC」に対応しているので、自分にはピッタリだと思い購入したら、やはり良かったです。

また、iPhoneに採用されている「AAC」にも対応いるので、iPhoneユーザーにもおすすめです。

ふだんよく聞く音楽はウォークマンを使い、たまに違う音楽を聴きたいなぁと思ったら、iPhoneで音楽ストリーミングサービスを使っています。

ウォークマンでもiPhoneでもいい音で聞けるのは嬉しいです。

【レビュー】ウォークマン NW-A50シリーズを使ってみた こんにちは、トキです。 SONYのウォークマンを使い始めて10年ほどになり、現在はA50シリーズを使っています。 今はス...

曲に合わせてスピーカーの周りが光る「ライティング機能」

SRS-XB31では、スピーカーの周りが光る「ライティング機能」が搭載されています。

ライティング機能は。「Music Center」アプリに数種類のパターンが用意されており、自分の好みのものに変更することができます。

個人的には「COOL」がお気に入りです。

お風呂やキッチンで使える防水性能

SRS-XB31は防水性能を備えているため、お風呂やキッチンなどでも使うことができます。

お風呂で音楽を聴けるので、音楽好きにはピッタリですね。

お風呂の電気を消して、上記のライティング機能と一緒に使えば幻想的な空間を作るのも面白いかもしれません。

イマイチだと感じたところ

SRS-XB31は少しガッチリしているので、持ち運びにはあまり向いていないかもしれません。

他にもスピーカーをたたいて効果音を出す「パーティーブースター」や複数のスピーカーをつないで大音量で音楽を再生できる「ワイヤレスパーティーチェーン」などがあります。

私は全く使っていませんが(笑)。

使わない機能もありますが、それでも今回紹介したような機能が自分には合っていると思いました。

まとめ

SRS-XB31について紹介しました。

4つの主な特徴について紹介しましたが、特に長時間の再生時間や、ウォークマンを使っている方にはおすすめのBluetoothスピーカーだと感じました。

気になる方は、ぜひ試してみてください。

参考:SRS-XB31 | アクティブスピーカー/ネックスピーカー | ソニー

その他オーディオ製品

最後まで見ていただきありがとうございました。